(ネタバレあり)『ファイナルカット』見終わった

なんか一言、残さないと気がすまない気になったのでまとめる。

最終話、まさかの「お兄ちゃん」が山崎育三郎で、変声されたメッセージの音読があとから考えると『美女と野獣』の野獣声だったなあなどという感動。

の、一方で、初回から気になっていた亀梨のパルクール、結局なんの役にも立たなくて(一応、犯人を助ける回で役立ってたのか、あれは?)期待し損。せっかくだから何かに繋げてほしかった、初期に負ったという怪我が原因なのかもしれないけど。

今の時代、テレビやメディアが駄目だ駄目だと言われる中で作ったドラマとしては、なんというか、挑戦的ではあったなあと感じつつ、現実味と面白味は『GB』以上になかった。でも何故か、一筆残したい気にはなるドラマだった。