PennaのBluetoothキーボード

Penna classical bluetooth keyboard

Penna(Elretron USA)のキーボードがやっと届いた!

かわいい!でも、想像以上にデカい!笑

ラップトップやMac純正の薄いキーボードに慣れた私は最近、重量のあるキーボードを扱うのはもう無理だ……と指先の近代化(?)を感じていたのだけれど、ハッピーハッキングキーボードを使うエンジニアの気持ちがこのキーボードを使うとわかるのかしら……

このキーボード、

  • 本体の色
  • キーの形状
  • キーのスプリング圧

まで発注時に決められる。スプリングに関しては、(私はあまりくわしくないので)動画の音を聞いて決めた。

キーボードと別にすっぽりキーボードを仕舞える革製ポーチ(※というほど小さくない)も買えたので、念のためそれも購入。ほら、持ち運ぶかもしれないし。

ちなみに、昔の「タイプライター」を手にしたことはないけれど、このキーボードは見た目ほど重くはない。ただ、持ち運ぼうと思った当初の気持ちは、今はあまりない。

ところで私はこのPennaをPenna - Retro Bluetooth Keyboard, Starting as low as $99 by Elretron — Kickstarterで購入したのだけれど、日本だとレトロな雰囲気。なのにデジタル。タイプライター風ワイヤレスキーボード「PENNA」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)でもファンディング募集をしていたみたい(最近、Kickstarterで本家が募集を終了しただいぶ後にMakuakeで募集が掛けられる製品をよく見るようになった気がする。全部を比べてはないけれど、だいたい価格はMakuakeの方が高価)。

これまで何度かクラウドファンディングで物を買っていたけど、他の募集と同じくElretron社も優良企業な感じで逐次開発のアップデート情報が配信されてきていた。

ただ最後の最後、「これから配送始めるよ」連絡が来てからがとにかく長かった。出資順だったみたいだけれど、私の場合は3〜4ヶ月くらいの誤差があっただろうか。Pennaはとにかく人気があったので、Twitterで検索をしてみたら続々と「届いた〜」というツイートを見つけていたので、引っ越しなどもしていたため万が一届かなかったらどうしよう!とヒヤヒヤしたものだが、きちんと手に入った。

せっかくなので、これからもう少し「物書き」をする時間を取っていこうかな。